読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コースありません。

ミニ四駆に復帰したけど、近所にコースがない!な人間のホビー関係ブログ。

フレームアームズガール・セッションベースが出るみたい

フレームアームズ・ガール セッションベース 全高約210mm NONスケール ディスプレイベース

アニメのフレームアームズガールはバトル前にセッションベースに乗ってアーマー装着、武装化してバトルという流れになってるんだけど、それに出てくるセッションベースが立体化・プラモデルとして発売されるみたい。

ウェポンラックも兼ねてるから、これ保管するのにも良さそうだね。背中の3mm穴に接続するスタンドもあるし。

あとは充電くんがあれば、劇中のシーンは再現できるのか。

フレームアームズ・ガール 充電くん NONスケール プラモデル
 

 ベッドになってたりボウリングの的にされてたり、ちょっと扱いがかわいそう…。

 

セッションベースの発売は10月末みたい。それまでに新しい子も増えてそう。轟雷・改も通常販売されているといいなあ。

【早期購入特典あり】「フレームアームズ・ガール」4 Blu-ray限定プラモデルキット[アニメ版 轟雷改]付)(クリアファイル(アニメ版 轟雷改)付)

Vマグナム、ふたたび

Vマグナム

突然だけどVマグナム。この子もいい加減にあれこれセッティングしてやらなあかん。

久しぶりにいじってると、ボディの重さにビックリする。フロントの「空力カウル」があるだけ重たいのは以前から分かっていたし、それを外して軽量化したファイターマグナムが昔出ていた。あれもプレミアム化してほしい。ファイターはもう引退していないけど。

…今見ても、かなりハデだよね。

 

それはともかく、最近このS2シャーシから異音がするようになった。主にモーター周辺。どこかのギヤがやられてるような気がするけど、それがどこか分からないのが困っている。一つ一つ調べてみたけれど、欠けている形跡は見当たらない。シャフトの変形からくる異音かもしれないのだが、今ひとつ調べきれていない。

ローラー類は全て13mmにして、マスダンパーを設置する程度でまた様子をみたい。たぶんハイパーダッシュだとブレーキ効きにくい可能性があるなこれ。モーターはまずライトダッシュに下げてみるか。

ミニ四駆 ジャパンカップ2017 大阪大会1に当選しました

f:id:swordfish-002:20170525213207p:image

 

おお、今年は何かちょっとついてるなー。

ということで、ジャパンカップ2017 大阪大会1に当選しました。今年の夏も熱くなりそう。そろそろマシンも考え始めなきゃ。今回は中径タイヤ+ARシャーシで行ってみようか。MAやMSシャーシだとどうもうまくいった試しがないのが気になる。何か変なジンクスでもありそうだ>自分。

まあマシン作りは超速ガイドブックが出てから考えてもいいかな。

タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2017-2018

タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2017-2018

 

 大会まであと約1ヶ月。マシンの調子上げていかなきゃ。

イノセンティア Blue Ver予約開始

イノセンティアの限定版、Blue Verの予約が始まってる模様。

フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. 全高約150mm NONスケール プラモデル

あっ…スク水に近いぞこれ…!スク水改造してくるオーナーさん出るだろうなあ。

その他、素肌がオリジナルに比べて褐色に変更されているようです。成形色で褐色状態なんだとか。ますます水泳部っぽいぞ。どこを目指しているのか相変わらずよく分からない企業だ…だがそれがいい

頭部の髪の毛も、オリジナル版に比べてカラーが変更されてます。オリジナルはグレーだったかな。ネコ耳等のギミックはそのまま。これBlue限定のケモミミついてたらよかったのになあ。

背部の3mm穴もオリジナルと同様のようですね、これはまたあれこれ付けてみると面白いかも。

ホビージャパンエクストラ2017summer、予約始まってるよ

 というわけで

 こないだは、轟雷負けちゃったねぇ…

 

それはともかく、ホビージャパンのエクストラ(ムック扱いか)、2017Summerの予約が始まってます。付属品はフレームアームズガールの「特製ステッカー」だって。早速予約しました。

 

うちの子達は…まあこないだの背負い物を作ってあげたくらいで、そのまま放置気味です。ああいかんいかん。いろいろ改修したいプランは考えているのに。

こう、もう少し組み立てる時間がねえ、簡単ならねぇ…。あれこれ組んでいこうとすると、どうしても時間が必要というか、休みがほしいというか。ミニ四駆もあるし。

 

まあ、ぼちぼちと復帰していきたいと思います。

 

エアロアバンテをマットブラックにしてみた

マットブラックになりました

f:id:swordfish-002:20170516110448j:image

というわけで、こないだの続き。エアロ アバンテをマットブラックに塗装してみました。塗料はタミヤのスプレー。

タミヤ スプレー No.06 TS-6 マットブラック 85006

タミヤ スプレー No.06 TS-6 マットブラック 85006

 

 

no-course.hatenablog.jp

クリップ手作り

f:id:swordfish-002:20170515194807j:plain

塗装用のクリップ無かったから、割り箸と洗濯バサミでざっくり作成。留めてる部分が紙のマスキングテープなのでゆるゆる。

Gツール GT90 ネコの手持ち手棒 (36本入り)

Gツール GT90 ネコの手持ち手棒 (36本入り)

 

↑これ買っておくべきだったなあ。

いつもな感じでの作業

f:id:swordfish-002:20170515194806j:plain

いつものダンボール+新聞紙で作る簡易塗装ブースで作業。今回は部屋のベランダで行いました。途中、向かい側の棟の住人さんたちに「何してんだろあの人…」みたいな目で見られたような気がするけど、気にしない!

相変わらず加減がわからなくなる

f:id:swordfish-002:20170515194804j:plain

で、軽く吹いて様子見ながら作業していたはずなのに、塗料が多いところとそうでないところに別れてしまったという。まあ、これもいつものやつです。今回はリアウイング側に塗料がちょっと溜まっちゃった。

マット系の塗料って面白いですね。塗ったときは光沢があるのに、時間が経って乾燥していくにつれて、どんどん光沢がなくなってザラリとした感じの塗装面になるの。見ているだけでも面白いです。

f:id:swordfish-002:20170515194802j:plain

濡れたのでさくっと乾燥。

この日は太陽はあまり出てなかったけれど、風が吹いていたので乾燥もわりかし順調にできました。だいたい2時間位そのままにして完成。本格的な乾燥なら24時間位放置しろ、とかいう話もあるけどどうなんかな、今回は全体的にきれいに乾いたから早めに取り込んじゃったけど。

というわけで完成

f:id:swordfish-002:20170515194801j:plain

あ、いい感じ。

ボディ色がブルーのときは、ホイールの色とタイヤの色がなんかマッチングしないなあと思ってたけど、ボディをマットブラックにしたらあうなあ。

あとはフロントのアンダーガードをブラックかパープルに変更すれば綺麗にまとまりそう。サイドのスタビキャップも黒かそれ系統にしようかな。

 地味に多用するから、いくつか色違いを購入してたほうが使う上でも重宝しそう。

 

あとはマーキング類か。以前購入した『超速ガイドブック』とかについていたステッカーどこにしまったっけな。あの白文字のやつとか、そういうのが使えそうです。今度出る『超速ガイド』にもついてくるので、それを使おうか。どうしよう。

タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2017-2018

ステッカーを貼るのって、センス必要だし、だいたい「どのステッカーを使うか」、でものすごくセンスが問われるし。

うああここからもっと慎重にやらなきゃだわ…

やすりがけをがんばった話

f:id:swordfish-002:20170515194811j:plain

エアロアバンテフロントウイングを切断したあとが汚かったので、紙やすりで必死に成型作業。いやーこれがなかなか大変で。

 1200番で処理してたけど全然削れていく感じがなく…800番とか400番とか、荒いやつでやっておくべきだったな…

f:id:swordfish-002:20170515194810j:plain

始めた頃はこんな感じだったけど、

f:id:swordfish-002:20170515194809j:plain

2時間後くらい。やすりがだんだん減っていく…消耗戦だこりゃ。

f:id:swordfish-002:20170515194808j:plain

それでもどうにかここまでできました。まあまだ細かい凹凸はあるけれども。

あとは塗装前提なので、ボディ全体にも軽くかけときました。標準のあのてかりというか、光沢があまり好きじゃないので。もっとマット的な、光沢なしのボディを出して欲しいところです。

タミヤ ミニ四駆REVシリーズ No.01 エアロ アバンテ (ARシャーシ) 18701

タミヤ ミニ四駆REVシリーズ No.01 エアロ アバンテ (ARシャーシ) 18701

 

 

いやー久しぶりに紙やすり使ったけど、感覚取り戻すの大変だなこりゃ。今回のでかなり枚数使ったし、予備を買っておかなきゃ。