読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コースありません。

ミニ四駆に復帰したけど、近所にコースがない!な人間のホビー関係ブログ。

ワイルドミニ四駆:ブルヘッドJrを組み立てる

ゴールデンウィークにあわせて作ってみよう

というわけで、ゴールデンウィークで外出できるかできないか分からないけど、ワイルドミニ四駆を組み立てることにします。今回はブルヘッドJr。

 

no-course.hatenablog.jp

 

「私にいい考えがある」の某氏によく似た形状のため、所々でネタにされてる感があります。

トランスフォーマー マスターピース MP10 コンボイVer.2.0

トランスフォーマー マスターピース MP10 コンボイVer.2.0

 

 「オプティマスプライム」よりも「コンボイ」派だなあ。呼び名は。

内容物

f:id:swordfish-002:20170501230844j:plain

通常のミニ四駆に比べると、割とぎっしり詰められている感じ。シャーシとなる部分は別パーツになってます。これも通常のみに四駆と同じ。

組み立て

f:id:swordfish-002:20170501230843j:plain

強烈なパワーを生むギヤー。40度の坂道も登れちゃう(らしい)。

f:id:swordfish-002:20170501230842j:plain

タイヤの取り付け。この後、電池ボックスにスイッチ(組み立て済み)を入れて、金具類を装備すればシャーシ完成。

タイヤの向きだけが注意必要ですね。まあ進行方向を確認しながら取り付ければ問題ないと思います。

ボディ

f:id:swordfish-002:20170501230841j:plain

パッケージイラストではシルバーになっている部分は、写真のように成形色のブルーと、グレーの2色構成。クロームシルバーが必要みたいです。

 今回は成形色で。

完成

f:id:swordfish-002:20170501230840j:plain

ああ…汚い机の上が…

ともかく完成しました。だいたい1時間くらいかな。一度ワイルドミニ四駆は組んだことがあったので、今回は戸惑うことなく進めることができました。

で、実は「走らせる」のは初めてでした。ベッドの上で走らせてみたところこれがパワフルに走ること走ること。ちょっとした段差なら難なくで乗り越えていきます。すげえ。タイヤ掴んで止めようとしても止められませんでした。ノーマルモーターでこれだけのパワーになるんですね…ギヤ比の設定ってすごいわ。

そして以外とスピードが出ること。これは屋外で走らせるのは危険な気がします。走らせるとしたら、なるべく仕切りがあるところ(フェンスとか)。子供の足でも追いつけないし、追いついたとしても、このパワーを制御しきれないかもしれません。広い公園とかで遊ぶのが一番なのかな。

これ箱横の「改造例」でハイパーダッシュを使用したモノが出てるんだけど、そんなモーター使ったらどんだけパワーとスピードが出るのか。やってみたいけど怖くてちょっとできそうにありません。

 

いやーとんでもないものを手にしてしまった…これからどう遊ぼうかな。近所に砂浜があるのでそこに持っていくのもおもしろいかも。久しぶりに外で遊んでみたいと思います。

 

タミヤ ワイルドミニ四駆シリーズ No.08 ブルヘッド Jr. 17008

タミヤ ワイルドミニ四駆シリーズ No.08 ブルヘッド Jr. 17008