読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コースありません。

ミニ四駆に復帰したけど、近所にコースがない!な人間のホビー関係ブログ。

ガンダムグシオンリベイク をつくる

目次

ガンダムグシオンリベイク

毎回、つぎの展開が全く読めない『鉄血のオルフェンズ』。今回もまたすごいことになってましたね。そして出てきたあの新モビルスーツ、「ガンダムグシオンリベイク」。

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオンリベイク 1/144スケール 色分け済みプラモデル

あのずんぐりむっくりの「ガンダムグシオン」がこのような形になるなんて。 

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオン 1/144スケール 色分け済みプラモデル

買ってきました

パッケージ。搭乗者は明弘ってでかでかと。

スタイルもすっかりバルバトスに近いものになっています。なによりガンダムフレームが露出しているところが大きな変化かと。やぱりあの機体もガンダムフレーム機だったんですねぇ。

シールドはグシオン時代の背部装甲を利用しているのかな。

ちなみにマーキングシールは購入したお店でキャンペーンとしてついてきました。なぜかダブルオー系のものです…クマさんマークです…。これはミニ四駆に流用させてもらおう。

ランナー

ランナー構成

ランナー構成はこんな感じ。フレーム部はABS?でバルバトスと変わらず。フレームに装甲を取り付けていく方式です。

というわけで、早速組立。

一度バルバトスで組んだことがあるので、あまり戸惑わずに組み立てることが出来ました。それに、設計もより組み立てやすいものになっている気がしたんですが…気のせいなのかな。

今回もシールは顔部分だけ貼っています。それ以外は貼っていません。バルバトスと比べると、貼る部分は多めです。

胸部

ガンダムフレーム特有のシリンダー

おなじみの胸部。シリンダー露出。

その他の装甲を組み込んで胸部完成

腕部

腕部

これも軸が肩アーマーと一体化されているタイプ。肩アーマーはシールを貼るところがあります。パッケージの白い部分ですが、今回はとりあえず貼らず。

頭部

頭部は交換で、標準タイプと精密射撃タイプにすることができます

頭部は標準タイプと精密射撃タイプの2種類が付属…明弘って精密な射撃というよりガンガンいくようなタイプだと思ってたけど、そうでもないのかな。姐さんたちに鍛えられて変わったのか。劇中でも「なんか変わった」っていわれてたし。

ちなみに顔の中心部だけシールを貼っています。本来はそれ以外にシールを貼る場所があります。

上半身

上半身完成

上半身完成。ここまででだいたい30分かな。肩はグレイズのそれっぽい感じだ。ここまではバルバトスに類似しているかも。

脚部

足先

鉄血のオルフェンズ』系のMS脚は独特の形状をしているのでとても好きなのですが、今回もその系統です。

脚部全体。丸みをおびたデザイン。

太もも部、スネ部が密着するような形状の装甲になります。滑らかな形状。バルバトスと比較すると、全体的に曲線が多いデザインなのかな。

腰部

腰部。バルバトスによく似た形状?

腰部。ここもバルバトスと似ているかな。

全身像

ひととおり完成

これまで組み上がっていたパーツを合体させて完成。関節類はそこそこ硬めかな。

 付属ユニット

シールド

グシオン時代のあれを流用しているのか

どっかで見たようなグシオンのパーツです。これをシールドとして転用しています。

スカートとして、腰部に接続可能

なお、シールドですがスカートとしても利用できるので、腰部に接続することが出来ます。ブースターのような感じ。

これは塗装しないと格好良くないかも。

バックパック

隠し腕を仕込んで作ります

もうすでに見えちゃってるけど、隠し腕があります。隠し腕にも武器を持たせることが出来るようになっています。いやはやすごい。

あとはロングレンジライフルを持たせて完成。

完成

正面から

正面から。肩はあまり前へ動かすことは出来ません。両手で構えさせるときはあれこれ動かしてやらないとダメかも。

右側面から

右側面から。

背面から

背面から。バックパックには穴があいているので、その他のパーツや、武器懸架用のユニットを接続することが出来るのでは…?

隠し腕展開、頭部変更

隠し腕展開と、精密射撃モード頭部に差し替え。

そのほかにシールドを腕部につけた写真も撮ったのですが、あまりいいものではなかったので掲載していません。その状態の時は、どちらかといえばアクションベースに立ててポージングさせた方がいいと思います。動きがあるような形になるし。

アクションベース01 ブラック

アクションベース01 ブラック

 

 

バルバトスとの比較

バルバトスとの比較

バルバトスと比較するとこんな感じです。バルバトスは直線な太ももに対して、グシオンリベイクは丸みを帯びた形に。

感想

どちらもガシガシ動かせるタイプですが、グシオンリベイクはバックパックの可動もあるのでバランスをとるのが難しいです。かっこいい姿にするまでにちょっと時間かかるかな。

シールドは専用のステーが付属しているのですが、これを一度はめてから、別の向きに取り付けようとするときは取り外すのに一苦労です。今回は取り外せなかったのでそのままにしています。

グシオンリベイクの全体的なデザインやコンセプトは、どことなくアルケインを思わせるところがあります(スカート付き、ライフル射撃)。まぁ、たまたまってところなんでしょうが。ほら、名称も「グシオン」だしさ。

HG 1/144 ガンダム G-アルケイン (ガンダムGのレコンギスタ)
 

 そういやこの子の変形、一回も使われなかったね…。

 

それからシールを貼る場所が多いと先に書きましたが、パッケージ等で白くなっている部分はだいたいシールが用意されていますが、塗れる人は塗った方がいいと思います。スカートシールドは大きいので、これだけは塗るかシールで白いところは白くした方がいいですね。ブースター部分の塗り分けをするともっとよくなるかと。

あとはモールドも彫られているので、スミ入れしてやればグッと締まるかなと思っています。

 

バルバトスの時もそうだったけど、HGではよく動くキットだと思います。これは1/100が出たら買うかもしれません。好きなデザインだし、4本腕というギミックなんかゲテモノ感あふれててすごくイイ。今後の劇中での活躍も楽しみにしながら、ガチャガチャ遊び倒そうと思います。