読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コースありません。

ミニ四駆に復帰したけど、近所にコースがない!な人間のホビー関係ブログ。

新チューンモータースペックが公開

ホビー ホビー-ミニ四駆 ホビー-ミニ四駆-新製品

タミヤTwitterおよびサイトで新しいチューン系モーターの写真がアップされていました。うーん、旧版のデザインの方が好きだなぁ。

グレードアップパーツ モーターリニューアルタミヤ公式)

比較表なんぞを作ってみたよ

ちうわけで、気になる性能差がどのくらいあるのか、カタログスペックな部分で比較してみたのが次の表です。仕事終わって帰ってきてからさくっと作りました。

新旧チューン系モータースペック比較表

旧モーターのスペックは2014年の超速ガイドから引用。

こうして見ると、特にレブチューンの回転数低下が著しい。3000回転減少はでかいのでは。トルクがその分ついた感じではある…が、それならアトミック2で充分だしなぁ。あとレブチューンに「小径タイヤで使用してください」と注意書きが追加されてるもよう。

片軸アトミック2も無印に比べて消費電流が増えたのが気になる。「金属板ブラシを使用して」とあるけど、直接的な性能向上に繋がっているのだろうか。ここら辺は検証待ちかな?

カタログスペックだけ見たら、片軸トルクチューン2がバランスいいのかな。両軸はアトミック2とトルクチューン2がコースに応じて、て感じなんだろうか。どちらにしてもレブチューンはちょっといいところが見当たらない。とんがった回転数もなくなって悲しい。

スペックダウンの背景は?

ここからはあくまでも推測。いずれのモーターも14000回転程度に抑えてあるのはなんでだろうか。昨今のブームで新規(特に子どもの)ユーザーが入ってきたから、安全面を考慮してだろうか。逆に考えれば、このモーターを用いる場合はこれまで以上に各部の抵抗を考慮する必要がある。ほんの少しの工夫でスピードに差が出そう。

あとマブチモーターのロゴがないところを見ると、片軸モーターもメーカーが変わったのだろうか。実際にパッケージ見てみないとわかんないなー。

これ、もうちょっと考えてみようかな。

 

<新片軸モーター>

 

<新両軸モーター>

広告を非表示にする